NEWS

日本語吹替え版でグルメな紳士猫バストファージョーンズ役を演じる秋山竜次(ロバート)さんが歌唱する本編映像と、字幕版で同役を演じたコメディアンのジェームズ・コーデンがバストファージョーンズについて語るキャラクター映像が到着しました!!!

cats_akiyama

ふとっちょボディに黒いハットとジャケットをまとう姿が印象的なバストファージョーンズは、町一番のお金持ちでグルメな紳士猫。新たな人生が与えられる猫を選ぶ特別な舞踏会へ参加する理由は、”たくさん食べ物を食べて、また一から太り直すため”というだけあり、食べ物に対する執着はピカイチ!劇中では、バストファージョーンズがヴィクトリアと他の猫たちをおいしい食材が沢山ある高級クラブへと案内する場面も。「人を見下したような猫っているよね?バストファージョーンズはそんな奴だ。」とジョークを交えながら説明するのはオリジナル版でバストファージョーンズを演じたアメリカで人気のコメディアン ジェームズ・コーデン「彼の曲は激しい。ずっと動き回っていて決して止まることがない。駆け回ったり、転がされたり…見たら驚くよ」と明かすように、ほかの猫に比べて陽気でコミカルなバストファージョーンズの曲は、ついつい一緒にリズムに乗ってしまうような楽しいシーンに仕上がっています。

日本語吹替え版でバストファージョーンズ役を演じたのは、ロバート秋山竜次さん!本作のプロモーションイベントでは「猫にあわせた生活を2か月くらいしました。ボンネットの上で過ごしたり、空腹時は猫のおやつ食べたり…、とにかく頑張って一生懸命演じました!」と役作りについて熱く語っていた秋山さんですが、解禁された映像では、グルメな紳士猫バストファージョーンズとして、歌と台詞が両方混じった難しい楽曲を見事に歌い上げています!映像には、バストファージョーンズと同様に舞踏会に参加するおばさん猫ジェニエニドッツ(声・浦嶋りんこ)が、神出鬼没のお尋ね者の猫マキャヴィティ(声・山寺宏一)と遭遇してしまい、何やら怪しい雰囲気も…?キャッツたちは無事に舞踏会に参加できるのか!?その物語と行方と、秋山さんをはじめとするキャストのパフォーマンスとはぜひとも大きなスクリーンでお楽しみください!