NEWS

日本語吹替え版でモテ猫のラム・タム・タガー役を演じるOfficial髭男dism藤原聡さんがセクシーボイスで熱唱する本編映像と、字幕版で同役を演じた歌手のジェイソン・デルーロがラム・タム・タガーについて語るキャラクター映像が到着しました!

cats_fujihara_Rum Tum Tugger

ラム・タム・タガーはハンサムでカリスマ性を持った猫たちから大人気のモテ猫。ほかの猫たちと同様、新しい人生を生きることが許される”ジェリクルキャッツ”になりたいと願う彼も、一生に一度、一夜限りで開催される舞踏会に参加します。字幕版でラム・タム・タガーを演じた世界的人気歌手ジェイソン・デルーロが「ラム・タム・タガーは踊りまくる。走り回り、跳び回る。彼の曲には様々なジャンルが混ざっている。ヒップホップに、ジャズ、そしてファンクもね!」と語るように、劇中では甘い歌声に加え、多彩なダンスを披露するラム・タム・タガーは、新しい世界に足を踏み入れた主人公のヴィクトリアまでも魅了するほどにセクシーな存在感を発揮しています。

日本語吹替え版でラム・タム・タガー役を演じるのは、Official髭男dismの藤原聡さん!解禁された本編映像では、ワイルドでエネルギッシュなキャラクターであるラム・タム・タガーの楽曲を勢いたっぷりかつセクシーに見事熱唱しています!情報解禁時に「最初、ジェイソン・デルーロの歌の持ち味を一回取り込んだ上でアウトプットするのが、すごく難しかったです。でも、一緒にアフレコを行ってくださったスタッフの方々のおかげで、最終的には表情豊かに歌を歌うことができたんじゃないかなと思います!」と明かしていた藤原さん。ラム・タム・タガーは本シーンのほかにも様々な楽曲で活躍しますが、藤原さんが随所でどのようなパフォーマンスをみせてくれるのか目が離せません!また、本映像には舞台「レ・ミゼラブル」やミュージカル「メリー・ポピンズ」などで活躍する舞台女優の浦嶋りんこさんが演じるジェニエニドッツも登場。同役を演じたレベル・ウィルソンにも負けない熱演が明らかとなり、劇中で披露するジェニエニドッツのナンバーにも期待が高まります。藤原さんが響かせるセクシーな美声とともに是非劇場でお楽しみください!